silent

silent第5話|感想⇒ネタバレ考察。「再会しなければよかったと思った」が辛い




2022年10月から放送されている人気沸騰のドラマsilent(サイレント)

第5話ではどこまでも優しさだった湊斗と、そんな湊斗との別れから1歩踏み出す紬の姿が印象的な回でした。

今回は2022年11月3日放送されたsilent(サイレント)第5話の感想・ネタバレ考察をまとめてみました。

第5話以外の感想・ネタバレ考察はこちらから!

こちらの関連記事もおすすめ!

silent(サイレント)第5話|あらすじ

戸川湊斗(鈴鹿央士)から突然の別れを告げられた青羽紬(川口春奈)は、なかなか気持ちの整理がつかないでいた。そして佐倉想(目黒蓮)もまた、2人の関係がくずれたのは自分のせいではないかと懸念し古賀良彦(山崎樹範)に相談する。

紬は春尾正輝(風間俊介)に湊斗の話をする中で、自分が彼のことを大切に思い、本当に好きだったことを実感するとともに、聞こえる聞こえないに関係なく相手に思いを伝えることの難しさを痛感する。そんな中、紬の携帯に湊斗から着信が入って…。

出典:silent公式HP




silent(サイレント)第5話|感想・ネタバレ考察

朝食でみなと。

「誰のせいでもない事が1番厄介な事。」が名言すぎる。

「一人で全部持てる?」の意味深い。

「キラキラ」と「ぽあぽあ」。

たんぽぽの綿毛の花言葉が辛い。。。

紬の父親はやっぱり死別?「報告」が意味すること。

「ハンバーグ以外にして」の解釈

第5話以外の感想・ネタバレ考察はこちらから!

<<第4話

こちらの関連記事もおすすめ!

スポンサーリンク