silent

silent第4話|感想⇒考察。湊斗のお願いに紬の気持ちは、、、




2022年10月から放送されている人気沸騰のドラマsilent(サイレント)

やはり、、、という湊斗のお願いと、まさか、、、という見事な展開。

第4話でも泣いてしまったという方も多いのではないでしょうか。

今回は2022年10月27日放送されたsilent(サイレント)第4話の感想・ネタバレ考察をまとめてみました。

第4話以外の感想・ネタバレ考察はこちらから!

こちらの関連記事もおすすめ!

silent(サイレント)第4話|あらすじ

青羽紬(川口春奈)の家で鉢合わせした佐倉想(目黒蓮)、戸川湊斗(鈴鹿央士)、光(板垣李光人)。思わずその場を去ろうとする湊斗に、紬は想と二人でちゃんと話した方がいいと諭す。

湊斗は8年ぶりに想と向き合う中で何も変わっていないと感じ、高校仲間のフットサルに参加してみないかと誘う。そんな湊斗に対して、紬と想の復縁を懸念する同級生たち。だが、横井真子(藤間爽子)は、紬が今は湊斗のことを本当に大切に思っていることを理解する。 迎えた当日、フットサル場で待つ同級生たち。そのとき、想は…。

出典:silent公式HP

silent(サイレント)第4話|みんなの感想まとめ

ドラマ・silent(サイレント)第4話「戻れると思う。元に戻れたら嬉しいなって」

を視聴後の感想をまとめてみました!

silent(サイレント)第4話|感想・ネタバレ考察

タイトルバック時の想の表情が痛い。「聞きたくない..」≒「うるさい」

これまでの1話から3話では「silent」のタイトルバックは、「うるさい」との対になって表現されています。

これまでのタイトルバックが出たときの状況をまとめてみると

1話 早朝に降る雨がうるさいとつぶやく紬

2話 耳鳴りがうるさいと悲痛な声をあげる想

3話 紬と湊斗を隔てるようにうるさく鳴り響く踏切と警報音

気になる4話のタイトルバックは

湊斗に「(紬のこと)心配しないで。」と言われ、複雑な表情を浮かべる想の場面でした。

いまだ紬への思いを持っている想にとって

湊斗の「紬は大丈夫」「想は心配しないで」は、聞きたくなかった言葉に違いありません。

そんあ想の心情的な「聞きたくない」≒「うるさい」をタイトルバックで表現していたのではないでしょうか。

想の計り知れないほどの孤独。

第4話では「音のない世界」に住む想の計り知れないほどの孤独が表現されていました。

冒頭の湊斗との会話シーンでは、席を立った湊斗の声を音声認識アプリが拾わなくなった途端に無音の演出。

何を言っているのかがわからないという想が感じる孤独感を疑似的に体験させられます。

生まれつきのろう者である奈々の友人が言った「私たちとは違うもん」には中途失聴者ならではの想の孤独が表現されています。

「聞こえないことでの孤独」と「聞こえていたことでの孤独」を抱える想。

そんな想をみていると、

春尾先生の「わかった気になりたくない」という言葉が胸にささりますね。

湊斗の別れフラグが立ちすぎて辛い、、、

次回予告でへあ湊斗が紬にどんなお願いをするかが話題になっていましたが、第4話途中から湊斗と紬との別れを連想させるフラグが立ちまくりでした。

紬との「始まったら終わっちゃう」の会話。

LINEで想に奈々が彼女じゃないことを確認しつつ、想には紬が彼女であると返信しない

電話で光に手話を進める会話。

あとからもう一度みると、第4話で湊斗の行動すべてが紬と別れるためだったように見えて切なすぎます。。。

コンポタ伏線がヤバい。。。

第4話でもキーアイテムとして登場したコンポタ!

第3話の時点では、コンポタは紬と湊斗ふたりだけに意味を持っているアイテムだったはずですが。

もしかすると湊斗と紬をつなぐキーアイテム「コンポタ」さえも、想との想い出のひとつだったのかもしれません。

もしそうだとしたら湊斗の気持ちが、、、

コンポタに関しては湊斗の感情を表現しているという考察も。

たしかにコンポタの温度と湊斗の感情がリンクしています。

あらゆることが伏線・匂わせになっているsilentの脚本。

これがデビュー作だなんて、脚本家の生方美久さんヤバすぎますって。

⇒原作なし!silent(サイレント)の脚本家は生方美久でスピッツ匂わせが凄い!

元に戻るとはこういうことだったのか。。。

想をフットサルに誘う際に湊斗が想にかけた言葉覚えているでしょうか?

「大丈夫だなって。みんな元に戻れるなって。戻れたら俺はうれしいなって」

初見では”昔みたいに仲良くできる”という意味だと思っていましたが、

第4話が終わってみると、”元に戻る”とは想と紬は恋人同士に、そしてそんな二人を見守る湊斗に戻るということだったことがわかります。

もしかすると4話序盤で出てきた湊斗の

「変わってなくてよかった。想があんな感じなら、こっちも気を遣わなくていいっていうか、、、」

「紬のこと一番に考えられるっていうか、、、」

というのろけ会話は

「想は変わらずイイやつだったから、紬のことを一番に考えて別れよう」

ということだったんでしょうか。。。

湊斗の名前を呼ぶ紬の寝言が意味深。。。。想の名前も!?

寝言で湊斗の名前を呼ぶ紬。

紬にとって湊斗の存在が大きいことがわかるシーンですね。

しかし、突然の寝言のくだりに、もしかすると過去に寝言で「佐倉君」と言ったことがあるのでは、、、と勘繰ってしまいます。

個人的におそらくこれは次回展開の伏線だろうと推察しています。

⇒「無意識に名前が出ちゃうくらい本当に好きなんですね。」って誰のこと?

湊斗のお願いに紬の気持ちは。。。

うすうす気づいていましたが、紬は湊斗に別れを告げられます。

でも、その理由が

「お願いがあるんだ」「別れてほしい」「好きな人がいる」

だったなんて。

紬に2度目の「好きな人がいる」をくらわす脚本ヤバすぎですね。

好きな人に同じ言葉でフラれてしまう紬の気持ちを考えると辛すぎます。

 

第4話以外の感想・ネタバレ考察はこちらから!

<<3話

こちらの関連記事もおすすめ!

スポンサーリンク