歌手

石塚英彦がヴォーカルの「オーバーオールズ」ってどんなバンド?

オーバーオールズ1stアルバムのジャケット

「踊るさんま御殿」に息子さんと親子で出演の石ちゃんこと石塚英彦さん。

長男でドラマーとしても活躍されている石塚幸作さんと「オーバーオールズ」というバンドで音楽活動もされています。

そこで今回は石塚英彦さんがヴォーカルを務める音楽バンド「オーバーオールズ」について調べてみました。

石塚英彦がボーカル!「オーバーオールズ」のメンバーは?

「オーバーオールズ」の現在のメンバー

石ちゃんこと石塚英彦さんがボーカルとして活躍する「オーバーオールズ」の現行(2020年12月時点)のメンバーは次の4人です。

石塚英彦(vo)

三宅伸治(Gt.Vo)

グレートマエカワ[fromフラワーカンパニーズ](Ba)

石塚幸作(dr)

ドラムを担当している石塚幸作さんは石塚英彦さんの長男です。

親子で同じバンドを組んでいるなんて素敵ですね。

バンド名にあやかってか、メンバー全員が裸にオーバーオールを着ています。笑

屋内での演奏はともかく、季節によっては屋外でパフォーマンスをする際は寒そうですね。

石塚幸作は「オーバーオールズ」のオリジナルメンバーではなかった!?

結成時のオリジナルメンバーは、石塚幸作さんではなくケニーモズレさんという外人のドラマーでした。

そのため石塚幸作さんがドラムを担当してときは「仮オーバーオールズ」という名前でパフォーマンスしていたようです。

2019年の後半くらいに、石塚幸作さんが正式なメンバーになったようで、2020年からは「オーバーオールズ」の名前で活動しています。

2020.2.6リリースにリリースされた「オーバーオールズ」の1stアルバム「Check Life」

の告知ページでもドラマーは石塚幸作さんになっています。

オーバーオールズの1stアルバム

出典:三宅伸治公式WEBサイト

石塚英彦のバンド「オーバーオールズ」の活動はいつから?

「オーバーオールズ」という名前で活動をはじめたのは、2017年8月18日に名古屋TOKUZOで開催された三宅伸治真夏の夢3DAYSの初日のようです。

ザ・タイマーズで故・忌野清志郎氏と共に活躍した経歴を持つ日本屈指のブルースマン三宅伸治さんと前々から親交があった石塚英彦さん。

石塚英彦さんは三宅伸治さんのことを「兄貴」と呼ぶほど慕っており、2010年には三宅さんのプロデュースのもと、シングル『笑っているよ』で歌手デビューしています。

「オーバーオールズ」のはじまりは、そんな三宅伸治さんが主宰の恒例イベントために組んだバンドのようです。

ボーカル石塚英彦の歌声は忌野清志郎に似てる?

ロックミュージシャンの故・忌野清志郎さんのことをリスペクトしているという石塚英彦さん。

石塚英彦さんは高校生の時、忌野清志郎さんの『ステップ!』という曲を知ってから、ずっとファンであることを明かしています。

三宅伸治さんとの出会いも、故・忌野清志郎を慕っていたことがきっかけだったようです。

ネットではそんな石塚英彦さんの歌声が忌野清志郎さんに似ていると話題になっています。

三宅伸治さんのデビュー30周年に公開された「JUMP」MVでの石塚さんの歌声(0:59~)を聞いてみるとたしかに忌野清志郎さんの雰囲気が出ていますね。