歌手・アイドル

【中森明菜】現在の収入源は4つ!2022年復帰で年収1億円超!?

中森明菜がtwitter開設

1980年代にトップアイドルとして君臨し、現在も根強いファンが多いとい言われる中森明菜さん。

2022年はデビュー40周年の節目の年であり、2022年8月30日には新事務所設立をtwitterで発表し話題となってします。

そんな中森明菜さんですが、2010年から休養に入り、2014年から2017年に一時復帰したものの、ここ数年は体調不良を理由に表舞台から姿を消していました。

現在、中森明菜さんは何を収入源にされて生活しているのでしょうか?

そこで今回は中森明菜さんの2022年現在の収入について調査してみました。

中森明菜の現在の収入源は何?

芸能活動を休養されている中森明菜さんの主な収入源と考えられるのは次の4つです。

  1. ファンクラブの会費
  2. パチンコ機種の契約料&ロイヤリティー
  3. 歌唱印税
  4. ディナーショー(2016年・2017年)

雑誌にはこんな記事も

「明菜さんは首都圏のマンションでひっそりと暮らしているようです。ファンクラブ会費や楽曲の印税、昨年にリリースしたパチンコ台の契約金などもあり、生活に困ることはなさそうだと聞いています」

出典:FRIDAY

どうやら独り身の中森明菜さんは、これらの収入源から生活に困ることがないくらいの収入が今でも入ってきているようです。

それでは順番に詳しくみていきましょう!




中森明菜の収入源1:ファンクラブの会費

中森明菜のファンクラブ出典:中森明菜公式HPより

中森明菜さんには現在も継続しているファンクラブがあります。

現在、表立った活動してされていない中森明菜さんにとっては重要な収入源です。

ファンクラブの会員数は公表されていませんが、会員数は5000人ほどではないかと言われているようです。

入会特典としては、

  • コンサートやディナーショー、イベント告知、チケットの優先先行販売
  • FCオリジナルメンバーズカード(会員証)の発行
  • 年賀状、バースデーカードの送付
  • 年3回の会報発行
  • オリジナルグッズの通信販売

年3回不定期で発行される会報には、中森明菜さん直筆のメッセージが掲載されており、楽しみにしているファンも多いようです。

気になる中森明菜さんのファンクラブの会費ですが、

入会金:1000円

年会費:6000円

なっています。

もし、中森明菜さんのファンクラブの会員数が5000人だと仮定した場合、

6000円×5000人=3000万円

実際は会報やHPの管理費等の諸経費がかかってきますが、それを差し引いても十分大きな金額ですね。

ただ、中森明菜さんのファンクラブは何度か運営元が変わっており、そのたびに会員数は徐々に目減りしていることが考えられます。

2022年8月には、個人事務所新設に伴うファンクラブの移行についてもアナウンスがあったばかりです。

「2022年8月より、所属がFAITHかHZ VILLAGEに変わっておりますことをここでご報告させていただきます。現在のファンクラブから、新しいファンクラブへの移行案内につきましても、2022年12月を目処にこちらでご案内させていただきます。その他の情報についてもこちらで発信をさせていただく予定です」

出典:ENCOUNT

今後も中森明菜さんに目立った活動のないのであれば、会員数は今後さらに減少し、それに伴い中森明菜さんの収入も目減りしていくことが予想されます。

中森明菜の収入源2:パチンコ台の契約金&ロイヤリティ

中森明菜はパチンコ台とタイアップ出典:ニコナナチャンネル

中森明菜さん2006年からパチンコ台とのタイアップをしており、「中森明菜・歌姫伝説」は人気があるためシリーズ化されているんです。

大当たりすると中森明菜さんの往年の名曲が聴けるわけですから、パチンコ好きのファンにはたまりませんよね。

「タレントによってピンキリですが、有名芸能人なら前払いの契約金が数千万円から1億円。それに加えてロイヤリティが、1台につき1000~2000円ほど支払われるという。10万台出荷されれば、ロイヤリティだけでも1億円以上稼げます。歌手であれば、台に曲が使われて印税まで入る」(芸能関係者)

出典:exciteニュース

パチンコ台とタイアップすると契約金だけで数千万円。

それに加えてロイヤリティが収入が入ってくるのですからまさにドル箱といえますね!

2021年には中森明菜さんがタイアップされている最新パチンコ台が全国のパチンコ店にリリースされています。

中森明菜さんがタイアップした最新のパチンコ台は2022年9月現在、全国で約2500店舗で設置されています。

仮に各店舗に3台ずつ設置、中森明菜さんのロイヤリティ単価を2000円と仮定した場合、

2500(店舗)×3(台)x2000(円)=1500万円

となります。

「この数年、彼女の生活はパチンコ台関連からの収入に支えられてきたんです。」

出典:smart-flash

おそらく中森明菜さんの場合、ロイヤリティだけでも最低でも1000万円以上の収入になっており、休業中の貴重な収入のなっていることは間違いありません。

中森明菜の収入源3:歌唱印税

歌手の収入として有名なのが歌唱印税です。

一般的に歌唱印税は売上の1%程度だと言われているようですが、中森明菜さんの歌唱印税は破格の7%なんだとか。

「売り上げのうち、明菜サイドの取り分は、歌唱印税としての7%ほどですが、それだけでも7千万円近くになる計算です」(芸能リポーター・城下尊之さん)

出典:infoseek

中森明菜さんは2014年8月にベストアルバムを2枚同時にリリースしています

  • オールタイム・ベスト -オリジナル-
  • オールタイム・ベスト -歌姫(カヴァー)-

この2枚のベストアルバムは売上枚数は25万枚を突破する大ヒットとなり、この売り上げだけでも7000万円近くの収入があったというから驚きですね。

中森明菜の収入源4:ディナーショー

中森明菜さんは2016年・2017年にディナーショーを行っています。

このディナーショーのチケット代金はなんと3万6千円~5万円という高価格にもかかわらず即日完売していたようです。

それぞれの推定収益はというと

2016年:7都市10公演で5000万円以上

2017年:14都市18公演で1億円以上

昨年は手探り状態でしたが、5000万円以上の利益を得たといいます。今年はおおよそ倍の公演数で1億円以上を狙う。さすがの動員力です。

出典:まいじつ

2017年のディナーショーのセットリストがこちらです。

AKINA NAKAMORI DINNER SHOW 2017 CLUB NIGHT
2017年12月25日(月) グランドニッコー東京台場
~セットリスト~

【新アルバム『明菜』より】
01. La.La.Bye
02. 雨音
03. Amar es creer
【ディスコカバー『Cage』より】
04. SWEET DREAMS
05. INTO THE NIGHT
06. CAN’T TAKE MY EYES OF YOU
07. CALL ME
08. BE MY LOVER
09. VENUS
【オリジナル・ヒットメドレー】
10. ひらり-SAKURA-
11. 飾りじゃないのよ涙は
12. Fin
13. BLONDE
14. GAME
15. TATTOO
16. ミ・アモーレ
17. 1/2の神話
18. DESIRE

出典:http://blog.ko-takahashi.com/?eid=4544

中森明菜ファンにたまらない名曲の数々…、中森明菜さんの生歌を聴けるとなれば足を運ばずにはいられないということなのでしょう。

ただ2018年以降、明菜さんの体調不良のためディナーショーは行われていません。

短期間でこれだけの金額を稼いでいるので、しばらく休養していても経済的には問題はなさそうです。

【中森明菜】2022年復帰で年収1億円はあたりまえ!

デビュー40周年の節目の2022年に本格的な活動再開が期待される中森明菜さん。

twitterでひとことつぶやいただけでニュースになるほど今でも人気が高い中森明菜さん。

2022年8月に開設したtwitterのフォロアー数すでに46.9万人に達しています。

そんな中森明菜さんが2022年に復帰した場合、収入はどうなるのでしょうか?

【中森明菜】ファンクラブの会員数が増えて収入増!?

本格的に活動再開が決まれば、ファンクラブの会員数が増えることは間違いないでしょう。

松田聖子さんのファンクラブは5万人程度いると噂されています。

仮に、中森明菜さんのファンクラブの会員数が5万人になった場合、毎年3億円の収入が確定するわけです。

人気の高い中森明菜さんですから、今後の活動次第では十分に考えられる数字ですね。

【中森明菜】新曲もベストアルバムもバカ売れの予感!

長い休養中に歌詞をノートに書き留めていたという中森明菜さん。

明菜さんは“いつか自分が歌うために……”と歌詞をノートに書きためているんです。これまでも明菜さんが作詞した楽曲はいくつもあり、20代のころには作詞家の先生のもとで本格的に学んだこともありました。

出典:女性自身

仮に中森明菜さんが完全復帰し、自身が作詞した新曲やベストアルバムを企画すれば、間違いなく大きな印税を手にすることでしょう。

【中森明菜】高額ディナーショーも満員御礼が確実!!

中森明菜さんが年末ディナーショーを再開すれば、年収が一気に跳ね上がります。

「紅白に出る一方で、年末にディナーショーをやるつもりで、この時期から動き出したのではないか。9月中ならホテルが押さえられる。ホテルにとっても明菜のディナーショーなら高収益が見込めるから、多少の無理をしたって、やりたがる」

「ディナーショーはコンサートとは違い、アーティストとファンとの親睦会のような側面がある。コンサートほどの緊張は強いられない。休業明けのアーティストには向く」

出典:デイリー新潮

2016年・2017年の実績と人気の高さを考えると、価格5万だったとしても即日完売することは間違いないでしょう。

中森明菜さんの場合、いったん本格的に活動を再開すればその年収は1億円はあたりまえ!

やりようによってはあっという間に3億にも4億にも跳ね上がる可能性があるわけです!

はたして中森明菜さんの2022年中の復帰はあるのでしょうか?

今後の動向に注目しましょう!!!

スポンサーリンク