時事・トレンド

河村たかしの金メダルかじりに非難殺到!選手・有名人の声まとめ

東京オリンピック・ソフトボール日本代表の後藤希友選手の金メダルを、名古屋市の河村たかし市長がマスクを外して噛んだ行動に対して、批判の声が上がっています。

後藤希友選手は2021年8月4日に出身地の名古屋市役所を訪問した際、首にメダルをかけてもらった河村市長が「重たいな」と言ってメダルを触り、後藤希友選手に事前に了解を得ることなく、突然メダルを噛みました。

この行動に対し元五輪選手や現役のアスリートからも非難や同情の声があがっているのでまとめてみました。

河村たかしの金メダルかじりに対するアスリートの声

「俺だったら泣く」高藤直寿さん

東京オリンピック柔道男子60キロ級で金メダルを獲得した高藤直寿さんは自身のTwitterを更新。

高藤直寿さんも自身の金メダルを傷つかないように優しく扱っているんですね。

それほど大事にしているメダルを面識があまりない市長にかじられたことを考えたら「泣く」という言葉が思わずでてきてしまったんでしょう。

「選手に対するリスペクトが欠けている」太田雄貴さん

北京オリンピック、ロンドンオリンピックのフェンシングで銀メダルを獲得した太田雄貴さんもツイッターで今回の騒動に言及。

「現場の空気や、お二人の関係値は分かりませんが」と前置きしつつ

『噛む』とは。ごめんなさい僕には理解できません

と河村たかし市長の行動に対し厳しい指摘をしています。

しかもこの太田雄貴さんのツイートに対して、後藤希友選手ご本人ががいいねしているようです。

やはりその場では笑顔でやりすごした後藤希友さんも本心では「理解できない!」とおもっているようです。




「もし噛んだら… この先はやめときます。」ウルフアロンさん

東京オリンピック柔道男子100キロ級金メダルのウルフ・アロンさんも2021年7月4日にツイッターを更新。

「もし噛んだら…この先はやめときます」とかなり含みをもったツイートですね。

もし噛んだらいったいどうなるんでしょう…

ボコボコにされちゃったり?するんでしょうか?

「私もある…涙でかけた」藤井瑞希さん

ロンドンオリンピックのバドミントンで銀メダルを獲得した藤井瑞希さんは自身のTwitterで「私もある…涙でかけた」と投稿しています。

後藤希友選手と同じように過去にメダルを他人に噛まれたことがあったから気持ちがよくわかるんでしょう。

本人にとってはメダルを噛むなんてボケはありえないということですね。

「私だったらその場で号泣」小平奈緒さん

冬季五輪スピードスケート金メダリストの小平奈緒さんは、河村たかし名古屋市長が東京五輪ソフト金メダリストの後藤希友投手のメダルをかんだ件に言及。

自身のツイッターで「私だったらその場で号泣」と率直な心境をつづっています。

その場で号泣するくらいショックなことという事でしょう…

後藤選手の心境を思い気遣っている小平奈緒さんは優しいですね。

「僕はメダル噛んだことありません」北島康介さん

アテネ大会、北京大会の競泳金メダリストの北島康介さんは2021年8月5日に自身のツイッターで

「そもそもなんで表敬訪問しなきゃいけないのか。僕はメダル噛んだことありません

とツイート。

このツイートは共感を呼び瞬く間に拡散されました。

たしかにわざわざ表敬訪問してメダルをかじられたらたまったもんじゃないですよね…

しかし、このツイートは投稿から数時間後に削除されたようです。

スポンサーリンク