アイドル

高橋優斗はジャニーさん最後の推し!弔辞読んだ後に120キロ投球

髙橋優斗の名前画像

ジャニーズJr.グループ『HiHi jets』のメンバー”ゆうぴ”こと高橋優斗(たかはし ゆうと)さん。

ジャニーさんの最後の推しメンとしても知られ、ジャニーさんの葬儀では弔辞を読んだことでも有名です。

そこで今回は高橋優斗さんがジャニーさんの葬儀で弔辞を読んだエピソードについて調べてみました。

高橋優斗がジャニーさんの葬儀で弔辞!そのメンバーがスゴかった!?

ジャニーさんの葬儀で弔辞を読むことはいつ決まった?

2020年11月30日放映のしゃべくり007に出演した高橋優斗さん。

高橋優斗さんがジャニーさんの葬儀で弔辞を読むことになった経緯について

葬儀前日に、現在ジャニーズ事務所の副社長でもある滝沢秀明さんに

「優斗、明日弔辞読むけど大丈夫?」と打診されたと明かしています。

そうそうたる顔ぶれの先輩を前に高橋優斗さんが弔辞を読むことになったのはどうやら滝沢秀明さんの計らいだったようです。

ジャニーさんの葬儀で弔辞を読んだメンバーは誰?

ジャニーさんの葬儀で弔辞を読んだメンバーは高橋優斗さんを含めたったの4人だったようです。

実際、ジャニーさんで弔辞を読んだメンバーは

  • 近藤真彦さん
  • 東山紀之さん
  • 堂本光一さん
  • 高橋優斗さん

高橋優斗さんはジャニーズJr.代表として弔辞を読んだそうです。

これだけのそうそうたるメンバーと一緒に弔辞を読むなんて、高橋優斗さんがジャニーさんいかに推されていたのかがわかります。

高橋優斗がジャニーさんの葬儀で読んだ弔辞の内容は?

当時高橋優斗さんがジャニーさんの葬儀で読んだ弔辞全文がこちらです。

HiHiJetsの高橋優斗(キャッチャー)です。

僕たちを本当の子供のように思って仕事面やそれ以外のことも沢山教えてもらい、育ててくださり本当にありがとうございました。

HiHiJets5人で考えたジャニーズ銀座を観てジャニーさんが「もう君たちには逆らえないよ」って言ってもらえたこと、すごい嬉しかったです!

ジャニーさんが教えてくれた事を一生大事にしていきます。

そしてジャニーさんが作ってくれて、沢山愛情を注いでくれたHiHiJets5人でトップのエンターテイナーになれるように頑張ります。

今まで本当にありがとうございました。ジャニーさんずっと見守っててください!

出典:スポニチANNEX 2019年7月11日記事

ジャニーさんの葬儀で読んだ弔辞の文面は自分で考えたという高橋優斗さん。

最後はジャニーさんに伝えたいコトだけをしゃべろうと腹をくくり、ジャニーさんへの感謝の気持ちを伝えたと本人が語っています。

ジャニーさんの葬儀後に高橋優斗が投げた120キロのストライク!

ジャニーさんの葬儀で弔辞を読むをいう大役を果たした高橋優斗さん。

しかし話はもう少し続きます。

実はジャニーさんの葬儀後、高橋優斗さんは東京ドームで行われた「マイナビオールスターゲーム2019」第1戦のファーストピッチセレモニーに「HiHiJets」の一員として出演しています。

さらにメンバー最年長で野球経験者の高橋優斗さんは「僕は小学校のころから野球をやっていて、この夢の舞台に立ててめちゃくちゃ緊張しています!」とあいさつ。

その後、阪神・梅野隆太郎捕手のミットに見事なストライク投球を披露します。

スピードガンの表示は出ていなかったようですが、推定120キロ台の速球だったようです。

ジャニーズの大勢の先輩の前でジャニーさんへの想いを語った後に、始球式でしっかりストライク取っちゃうんですから、さすがジャニーさんが最後に目にかけたメンバーというしかありません。

きっとジャニーさんも空から喜んでいることでしょう。